« 北海道での仕事の記録② 流氷の科学的観測 | トップページ | 北海道での仕事の記録④ 社会科見学 »

北海道での仕事の記録③ ここは昭和の匂いがする場所 

食品の試食というのも私にとっては大事な仕事である。

特に地方の隠れた名産品を探し出すことは、

弊社の今後の商品開発にも大きな影響を及ぼす。

従って、出張先の休日の食事と言えども、

一瞬たりとも気を抜くことは許されない。

それがビジネスマンおます♂である( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Img_1604

さて、土曜日の昼食であるが

やはり、担当職員が、

大事な講師である

私に気を使ってくれて、

寿司屋に案内してくれた。

オホーツクの海の幸を堪能してもらおうという心遣いであろう。

確かに暖簾には「寿司」と書いてあるが、

上の看板に「大衆食堂」

とあるのが少し気になるな( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Img_0108

入店すると

なんと入口に

亀がいる。

それも3匹

( ̄□ ̄;)!!

亀はね、サルモネラ食中毒のリスクがあるから、

食材でないのなら置かないほうがいいな。(^_^; アハハ…

子どもさんが触って食事したりしたら、

困ったことになると思うぞ(^_^; アハハ…

Img_0111そして・・・

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

これには驚いた!

水やお茶の

セルフはよくあるが、

これは斬新!

インスタントコーヒーをセルフで作るスタイル。

このサービスは全国でも珍しいのではないだろうか?

Img_0107この店、

実はダチョウを

食べさせることで

知られている。

らしい・・・

大空町にはダチョウ牧場があるのだ。

町おこしでやったんだろうけど、

ダチョウはアフリカってイメージがあるからなあ。

北海道とイメージ結びつかんと普通は思う。

Img_0110で、きっとあるはずの

ダチョウグッズを探すと

何故か水槽に

「ダチョウグッズ発売中」の

文字が・・・・・

しかし案の定、全く売れないらしく、

既に周りは、関係ないお土産品がダチョウグッズを隠すように陳列。

探究心の塊の私が、水槽の中を恐る恐る覗いてみると、

ダチョウの卵の殻で作った工芸品とかが

少しだけ入っていた。

ミョウテケリンな物はすぐに買いたくなる私でも、

ちょっと手の出ないテイストと値段であった(^_^; アハハ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_0117さて、

ここは寿司屋である。

では、

我々は何を食べるべきか?

しかし、

この店で悩まない人はいないであろう。

Img_0119これが蝋細工の

メニュー

の全てであるが・・・・

冷麦、

チキンライス、

Img_0118チャーハン

お茶漬け、

シャケ茶漬け、

ブタ丼

ハンバーグ定食、

Img_0121オムライス、

五目めん、

八宝菜

お子様ランチ、

鍋焼きうどん、

Img_0120ざるそば、

みそらーめん

カツカレー

幕の内定食、

親子丼、

かつ丼、うな重、すき焼き、しゃぶしゃぶ、

あーあ、疲れた┐('~`;)┌

この脈絡のないメニュー群、

そして最後にようやく寿司屋らしく

「生寿司」・・・・・・

生???

そして、それ以外に「寿司」というメニューがある。

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

なんと「寿司」は太巻きとお稲荷さんだった!

これも斬新!

江戸前寿司と思って、

「寿司一人前」を注文すると

太巻き4切れと稲荷ずし1つが出てくるわけだ。

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

東京なら喧嘩になるぞ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

これ以外に隠しメニューでダチョウ料理があるのである。

素晴らしい!!グレイト!

まさに食のパラレルワールド!!

子どもだった昭和40年代を思い出した。

今のようにコンセプトだのターゲットなんてものはなく、

レストランはおいしいものが並んでいる夢の場所であった。

親は無理をしていろんなもの食わせようとしても、

私はカレーばっか食ってた記憶がある。

別に親の懐を気にしていたわけでなく、

レストランのカレーは美味く感じた。

今の子どもたちがマックばっか食いたがるのと

似てるかもしれない。

子どもの好き嫌いはダメというのが常識になっているが、

本来、子どもは、解毒能力や免疫能力が低いわけだから、

食に対しては保守的で、好き嫌いがあるのが

普通の子どもではないのか?と

最近思っている、おます♂である。(^_^; アハハ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_0114で、食べたのは、

担当職員が決めた

「ダチョウどんぶり」

例によって味が濃い。

肉は衣で包んであるし、

Img_0115知らずに食えば

ダチョウとはわからない。

(^_^; アハハ…

色が濃いのと、

少し歯ごたえがあるのが、

Img_0112特徴である。

壁には

オサレな

ポスターも

飾られている。

地元では

有名な

「明江三奈」

「あおえみな」じゃなくて、

Img_0113「あかえみな」である。

(^_^; アハハ…

札幌でやる

北都プロレスの

ポスターも

掲示されている。

レスラーの名前が

何とも言えない。

(^_^; アハハ…

とにかく、ここは昭和の匂いがする、

何か懐かしい名店であった。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

道東に来たら入るべき名店である。記憶に残る店である( ̄^ ̄)b

« 北海道での仕事の記録② 流氷の科学的観測 | トップページ | 北海道での仕事の記録④ 社会科見学 »

コメント

すごぉい!ここ入ってみたいです。happy01
私が行ったら~、まず入り口のカメ触ってから~セルフのインスタント珈琲入れて~注文は~ううーん。
ダチョウラーメンかな・・・。でもダチョウはお土産に買う方が良いなぁ。think
生寿司で。あ、でもうやっぱオムライス下さい。

大変ですね、食品会社のお仕事は。食べるのも、虫を飼うのも仕事のうちですからね・・・太るワケだ。

>チェリンママさん
すごいでしょ。東京では既に淘汰されて絶滅してしまった系統の店ですね。(^_^; アハハ…

>ちーやん
ようやくわかりましたか?これからは私のことを労り尊敬してください( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

あくまで「仕事の記録」を押し通すわけね(笑)
しかしここ、すごいなぁ。メニューがとんでもない組み合わせ。。。
冷麦、お茶漬け、うな重、すき焼き。。。
ありえん(笑)
今度絶対行こう!(笑)

懐かしい食品サンプルの展示ですね。
婆様に連れて行ってもらった、今は無き店を思い出しました。
が、それ以外は…
むしろ隣村と一緒の匂いがする。
ダチョウもいるし^^

>おのパパさん
押し通すも何も100%仕事ですから。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

>万年若葉さん
ああ、長野にはまだ残っていそうですね(^_^; アハハ…

生寿司!ケンミンショーでやってたぁーーー

だちょうメニューが気になりますね~。
卵は食べたことがありますけど、
お肉はないので、どれだけ濃厚なのかな~?^^

>みーちゃん夫さん
いやあ、肉自体の味のわかる料理じゃなかったから(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/51026957

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道での仕事の記録③ ここは昭和の匂いがする場所 :

« 北海道での仕事の記録② 流氷の科学的観測 | トップページ | 北海道での仕事の記録④ 社会科見学 »