« 北海道での仕事の記録⑤ 北の民族研究 | トップページ | 北海道での仕事の記録⑦ 講演本番 »

北海道での仕事の記録⑥ 夜の商談

何度も言うようだが、ビジネスマンおます♂は

観光に来てるわけではない。

皆、何か勘違いをしているようだが、

この日の夜に宴会などというものはない。

あくまでも食事をしながらの

アメリカンビジネススタイルのミーティングである。

もとより、この日の一番大事な業務がまだ未実施なのだ!

とある食品企業の偵察!それは北見駅にある。

我々は意を決して、現場に向かった!

途中、我が家が日本100名城のスタンプラリーに

参加していることを知った担当職員が、

「実は道東にも天守のある城があるんですよ。」

「本当か(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-それは知らなかった。」

などと私が叫ぶはずはない。

北海道唯一の日本式城郭は松前城しかない。

それに担当職員は正直者で、

人を巧妙に騙すような器用な真似はできないから、

ウソはすぐにわかる( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Img_0139で、

その城が

これ

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

確かに天守閣!

井関城って看板も掲げてる。

電信柱がオシャレ(^_^; アハハ…

名古屋の井瀬木に戦国時代に井関城というのがあったらしいが、

まあ、そんな蘊蓄はどうでもいいね。

このお城は民家に当るので詳細は聞いたけど書きません。

少なくとも井関城なんていう看板まで作って、

こんな家を建てる人は、みんなに見てもらいたいわけで、

写真のアップ禁止なんてことは間違っても言わないでしょう。

ですから、一応写真は載せることにしました。

(二回目だけど(^_^; アハハ…)

Img_0140話がだいぶ脱線した。

さて、目的の食品企業

羽前屋である。

駅前の小さな

昔ながらの菓子屋。

正直、こんな小さい店とは思わなかった。

あの、現在おます♂認定日本一おいしいお土産菓子パイである、

「玉ねぎパイ」の製造元である。

玉ねぎパイとの衝撃の出会いはこの記事で(^_^;;;

http://omasu.cocolog-nifty.com/kuwakabu/2010/01/post-7b31.html

潜入してみると洋菓子も和菓子も作ってる。

得てしてこういう店は中途半端になりがちなのだが・・・

玉ねぎパイの出来を見る限り、技術者の腕は疑いようがない。

そうだ、サンプルを購入せねば、

というわけで「玉ねぎパイ」20個入り×2と10個入り×1を

サンプルとして購入。\(^O^)/

カードが使えると表示されていたので、カードで支払うと、

なんと最近ではあまり見ない、カードの魚拓をとる装置が、

引き出しの奥から恭しく登場!

店員さんもしばらく使ってないらしく、なんだか危なっかしい(^_^; アハハ…

時間もえらくかかったけど、こういう商売気の無さが逆にいい。

尚、以前、玉ねぎパイは現地でしか入手できないと聞いて、

そのように書いた記憶があるのだが、

HPがあって、http://www.uzenya-sweets.com/

お取り寄せできます。(^_^;;;

ただ、関東で送料が900円かかるからね。

本気で「玉ねぎパイ」を弊社の通信販売で独占販売したいおます♂であった。

ただし、大量販売となると今の賞味期限設定は短いので、

もっと水分を下げろという話になる。

そうなると、今のパイの食感は損なわれるし、

かといって添加物を使うのを良しとしない雰囲気が感じられる。

また、もっと玉ねぎ感を出せなどと知ったかぶりをしていう、

連中が出てくると、現在の絶妙なバランスが崩れてしまう。

そういう点からすると、今のままの、

北見に根差した名店であるほうがいいのかもしれない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_0143かくして、

本日のハードなメイン業務を

終えたおます♂であったが、

最後のミーティングに

担当職員と二人で、

体力を振り絞って臨んだのである。

  

商談相手は、東京でも何度か会ってる、

道東でヘラクレス城なる巨大飼育施設を

経営されている方である。

この方はオークションの達人で、商売気のない地方の商店から、

お宝を買い叩いてきては、オークションで高値で転売し、

暴利をむさぼっているらしい。(^_^; アハハ…

今回私は、わざわざ東京から食虫植物を貢物として持参し、

その商売のコツについてお聞きすることに成功した。(^^)v

  

Img_0141ビジネスマンの

商談であるから、

やはり

食事は

リッチでなければいけない。

Img_0142プロシュートを

つまみながら、

焼き肉で

商談である。

客人は

なんでもここに来る前にボーイスカウトの行事で、

子供たちの作った料理を鬼のように食わされて、

腹いっぱいということだったので、

仕方なく、私と担当職員で好きなものを

勝手に食べることにした( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

「肉の割烹 田村」価格と品質のバランスの良い、

なかなかのお店である。

札幌にも出店しているということで、店長から名刺を頂いた。

今度、札幌営業所に行く時は、所長にはこの店に連れていってもらおう(^^)v

  

そう言えば担当職員はミーティング中に、

埼玉の大宮に電話をして「クワタオフ」とかいう

聞きなれない怪しい集会の出席者と話をしていたようである。

まあ、個人の自由であるが、老婆心で言うと

あまり怪しい人たちとお付き合いするのも考えものである。

こうして、土曜の夜は更けていった。

ヘラクレス城主は私と同じホテルに泊まっていたので、

ホテルまで一緒に帰ったのだが、彼はホテルの前で転んだ。

北海道の人間は雪道で転ばないというのはウソである。(^_^; アハハ…

私は日曜の午前がメインの講演業務であるので、

速やかに就寝したが、ヘラクレス城主は飲み足りないと、

地元の友達と夜の街に繰り出したようだ。

当然のように翌日二日酔いになっていた(^_^; アハハ…

かくして、ようやく土曜日の記事が終わるのである。

長いな・・・・・

« 北海道での仕事の記録⑤ 北の民族研究 | トップページ | 北海道での仕事の記録⑦ 講演本番 »

コメント

激務ですね、、、w。
からだを、いや、おなかを壊さないよう。

>ルカJさん
体を張った激務なんですよ(^^)v

そういえばBBQの食材を田村で買ったわ。
精肉店も併設されてるのよね。

ヘラクレス城主、すぐ寝ないので有名なんです。
いつまでも、ダラダラと><

>おのパパさん
おお、そうですか?観光の人はバーベキューとかできて羨ましいです。ヘラクレス城主は夜のヘラクレスですな(^_^; アハハ…

ヘラクレス城主、顔に似合わずしたたかなのですね。イメージ変わりました。でも転ぶのが可愛いから許します。happy01

>チェリンママさん
許すも何も・・・(^_^;;;
女王様ですか?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

そんなに仕事ばかりしていて、たまには休んでください。
せっかく北海道まで行ったんだから・・・。高度経済成長期のモーレツ社員を彷彿とさせますね。
焼肉は公費ですか?

>ちーやん
自腹ですよ。自腹( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/51041735

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道での仕事の記録⑥ 夜の商談:

« 北海道での仕事の記録⑤ 北の民族研究 | トップページ | 北海道での仕事の記録⑦ 講演本番 »