« 北京の地下鉄 | トップページ | んでもって、紫禁城② »

んでもって、紫禁城①

Img_2329最終日の飛行機は午後2時発なので、

午前中は紫禁城を見学に

行きました。

これはもう

完全に観光ですが、

まあ、休日の帰国だから関係ないですね。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

地下鉄で前門駅とかいうところに出ます。

左に見えるのは正陽門だと思います

Img_2332で、こっちが

前門です。

どれも

でけーわ

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

日本の門の櫓どころか

天守閣よりでかい

(^_^; アハハ…

これを見て、朝鮮が中国が宗主で日本は自分たちより下と

考えたとしてもおかしくはない。むしろ当然。

昔は動員できる人数が経済の根幹だから、まあ、仕方ないわなあ。

ただ、日本は既に江戸時代には、こういうでかい建築物が

国家の財政を悪くするばかりで、何の意味もないことに気づいてたから、

江戸城の天守閣は火災後再建されなかったわけです。

国力は建物のでかさではないと(^_^; アハハ…

明治維新後は、欧米列強の軍事力の前では、

城郭都市なんかなんの意味もないから、

国に籠って守っていてもダメだと!

だから、日本は海軍力を中心とした富国強兵に励んだわけです。

その結論として、日韓併合があっただけで、

その辺で、変わることができなかった朝鮮が

ガタガタいうのは滑稽です。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

当時の日本人は、危機をきちんと感じて、

ごく当たり前のことをしてたと思います。

大東亜戦争だって、考え方は悪くない。

ただ、戦争の仕方がアメリカのように合理的でなかっただけです。

価値観の違う民族との戦争に慣れてなかったとも言えるでしょう。

で、戦争に負けただけの事。

それ以上でもそれ以下でもない。

世界には戦争に何回も負けた国がいくらでもあります。

たった一回負けただけじゃねーか( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

だのに、何故?今は当たり前のことができないのか?

超巨大地震と原発事故という非常事態、

未曽有の国難に対し・・・・

放射線がどうだの、原発反対だの、

いわゆる市民の人が騒ぐのは仕方ない。

「ええじゃないか」みたいなもんだ(^_^; アハハ…

でもね、政治を司る人は、リアルに対策を取って欲しいわ。

非常事態に理想論を語るのはやめてもらいたい。

少しでも前に進む対策をテキパキと打って欲しい。

ああ、話がすごくそれた( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Img_2333
これは

毛沢東の

死体が

見られる

建物。

すごい行列ができてたね。御苦労さんです。

ほんとはこの辺りにもう一つ、皇帝専用の門があったらしいね。

でも広場つくるんで中国共産党が壊したらしい(^_^; アハハ…

Img_2336
これが

全人代

だと思う。

興味ねえから

よくわかんないけど

(^_^; アハハ…

Img_2337で、

はるかかなたに

天安門が

見えてきました。

もうね、

修学旅行みたいのから、田舎の団体旅行まで、

やかましい中国人だらけな訳ですよ。

日本の団体旅行客も煩いけど、

中国人の団体客はどれも、まあ、

大阪のおばちゃん50人くらいの団体に

匹敵するね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

で、地下道くぐって地上に出ると

Img_2342_2
天安門

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

なんで今も

毛沢東の

写真なのかな?

今の中国があるのは毛沢東のおかげじゃねえだろ。

鄧小平にして欲しいな。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

鄧小平はなんとなく理解できる。

支那という、広大な国土と膨大な人間をかかえる国家の

根本的な問題点を理解した上で、

逃げずに前進を求めた政治家だと思う。

でも中国の田舎の企業に行くと、だいたい中共の息がかかってるから、

カラオケなんかで「毛先生はすばらしい。日本を負かして

中華人民共和国を作って、僕たちは幸せ!」

みたいなカラオケやる奴がいるんだよね。

日本人を接待してる宴会でそんなもんやるんじゃねえよ。

いつも眩暈がします。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

« 北京の地下鉄 | トップページ | んでもって、紫禁城② »

コメント

オオオ~
おます♂教授にマンセします。
同感です。

深い教養ですな~
さすがですね。

私が深いのは欲だけです。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ~

>ちなみさん
教養深くないです、腹部の脂肪の厚さは深いところまでありますが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

毛 沢山なら尊敬するのに。

>ちーやん
勝手に尊敬してください(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/52939904

この記事へのトラックバック一覧です: んでもって、紫禁城①:

« 北京の地下鉄 | トップページ | んでもって、紫禁城② »