« ちーやん、入選おめでとう! | トップページ | 橋の上は気をつけましょうね。 »

第60回 食虫植物探索会 関西集会を訪ねて⑥平城京

Img_4653関西集会まで

時間があるので、

午前中は

歴史探訪

平城京へ行くことにしました。

Img_4655おいらは

親子で

歴史マニアですから

当然です。

狂さんも

naoさんもきっと歴史マニアなんだと思います。

Img_4656平城京の周りって

大きな古墳が

沢山あるんですよね。

自転車借りて

ゆっくり

回ってみたいな。

Img_4657
古墳の堀には

みんなが

いろいろ

放すので、

いろんな生き物がいるみたいですね。

僕には詳しいことはわかりません。

(^_^; アハハ…

Img_3426
平城京跡は

ポツポツと

復元建物を

建てて

整備してるようです。

Img_3432でも、

奈良県は

そんなに

お金が

無いらしく

Img_3427その歩みは

遅々としております。

一応柱があったと

思われるところに

木を植えるとか

Img_3431工夫はしてるんですけどね。

でも、歴史好きは

植木見ても喜ばん。

(^_^; アハハ…

その中で

復元大極殿はすばらしいですね。

紫禁城を観てきたから

大きさ的にはちょっと劣るんだけど、

真似をした中にも日本人の繊細さが出ていて非常にいい。

で、こういうシンボルはしっかり復元してもいいけど、 

他の施設はもっと簡易に作ればいいと思うのよね。

中は売店だっていいじゃん。

雰囲気が分かればいいんだから。

全体の雰囲気を知るのって凄く大事だと思うよ。

権力の大きさ、人々の生活が理解しやすくなる。

資料館の復元模型もいいけど、

実物大にはかなわないよ( ̄^ ̄)b

城の復元(天主だけじゃなくて櫓とかも)も、

図面とか資料がないと勝手に復元してはいけないとか、

文化庁だか文科省だかしらないけど、規制してるらしいけど、

その結果、

子供たちの歴史離れは

どんどん進んでるべよ! 

(,,゚Д゚)ゴルァ!!!

本末転倒じゃい!

むしろ現実離れしたゲームの世界の戦国時代の描写が

かろうじて子供たちを歴史の世界にひきとめています。

我がバカ息子は二人とも歴史ヲタクですが、

そのきっかけは、ゲームの、

信長の野望であり、戦国無双であり、三国志です。

で、歴史のテストは学年でトップクラスです。

二人とも史学に進みたいと言ってます。 

馬鹿だねえ、金になんねえよ!

(´・ω・`)

いずれにしても行政がやってる復元規制は間違いです。

自由にやらせればいい。

ひどいものは必ず淘汰されます。

多少、史実と違ってもとにかく観光客を呼んで、

その金で間違いは改めればいいだけです。

歴史的資産のある自治体が経済活性化するのを

邪魔することはいい加減止めたほうがいい。

どうしても規制するなら、現状維持のために、

自分の財産を寄付するくらいの気概を見せなさい。

道路通す時には平気で開発許可だすでしょ。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

まあ、奈良も鎌倉みたいに頑張れや!

で、再び食虫植物紀行に戻ります。

続く・・・・

« ちーやん、入選おめでとう! | トップページ | 橋の上は気をつけましょうね。 »

コメント

奈良はどうも観光誘致とかに遅れていますからね~。
平城京跡もちょっと前まで何もない芝生広場でしたから。

ちなみに家の子も何気にアロワナとかを知っていましたが、どこで知ったかと聞いたら、「動物の森」で釣りをしていたら釣れたとか言ってました。(ゲームかよ・・・。)^^;
何事も時代に即した観点で進めないといけませんね。

>大阪屋さん
いろいろ問題があるのもわかるけど、やっぱ、時代の流れに乗せてお金を動かすのが結局地方の幸せにつながると思うんですけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/54016739

この記事へのトラックバック一覧です: 第60回 食虫植物探索会 関西集会を訪ねて⑥平城京 :

« ちーやん、入選おめでとう! | トップページ | 橋の上は気をつけましょうね。 »