« 岡山 清水白桃パイ | トップページ | 記事にするの忘れてた »

これは面白いなあ

ニホンミツバチの攻撃行動(熱殺蜂球形成)における脳の活動を解明

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2012/11.html

ニホンミツバチがオオスズメバチを蒸し殺す仕組みの一端が明らかになりましたね。

45℃でオオスズメバチが死んで、49℃になるとミツバチも死んでしまうそうです。

この4℃の間で何らかのサーモスタット的機能があることが推測されるわけですが、

その解明に一歩近づいたということですね。

昆虫の制御系というのは非常にシンプルですが、

非常に合理的にできています。

虫好きの国民性を持つ日本人は、

この昆虫のシステムを活用することで、

再び技術大国として世界のトップに

返り咲くことができるんじゃないかなあ?

« 岡山 清水白桃パイ | トップページ | 記事にするの忘れてた »

コメント

ちなみにちーやんは39度の熱でうなされていても、誰も心配してくれません。

>ちーやん
まあ、いいんじゃないの?心配してもらっても治るわけじゃないから( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/54229141

この記事へのトラックバック一覧です: これは面白いなあ:

« 岡山 清水白桃パイ | トップページ | 記事にするの忘れてた »